不感症の原因

女性がセックスのときに感じない原因のかなりの部分は、男性側に問題があることが多いようです。ちゃんと丁寧に前戯をしないで、ちょっと乳房と性器を触りキスをする程度で、ろくに女性器が濡れてなくても、がまんできずにいきなり挿入し、すぐ激しくピストン運動をして、自分だけさっさとフィニッシュ(射精)して終わりというセックスしかしない男性とセックスしても、感じるほうが不思議かも知れません。

相手の女性に、あまり快感を与えられない、与えるつもりもあまりない、射精すればいいというセックスをしてる男性は、動物並のセックスだといえるでしょう。子供ができたから、もうセックスはしたくないと感じる女性も同様ですが、その原因は、快感を与えられない男性にあることが多いようです。

女性の側にも問題はあります。自身に身体的な不調や精神的に過剰なストレスやセックスに関するトラウマなどの問題がない場合でも、セックスで感じていなくても、男性に気を使って感じたふりをする女性は少なくないようです。

でも、これでは、男性に自分が感じるように愛撫してもらうことはできませんし、男性もこれでいいと思って、女性が感じないセックスを続けるので、いつまで経っても本当に気持ちの良いセックスとオーガズム(性的絶頂感)を得ることはできないでしょう。セックスが上手な相手に替えない限りは。

相思相愛の関係、あるいは、セックスだけの関係だとしても、相手に対して思いやりと好感を持っているなら、お互いにどうしたら気持ちよくなれるか、ちゃんと話して試行錯誤していったほうが、お互いに気持ちよく満足度が高いセックスができるはずです。

セックスで演技を続けていると、偶然にセックスが上手な男性と出会わない限り、心底からセックスって気持ち良くて最高!と思えるような体験をすることはないでしょう。

不感症解消でパートナーとの関係も改善!

セックスで感じれば夫婦や恋人との関係もより親密になります。
セックスは恥ずかしい行為ではありません。
セックス(性、性生活)は、食事、排泄、睡眠など、動物としての人が生きていくために欠かせない基本的な欲求です。
セックスは、人と人とのコミュニケーションの手段であり、次世代に生命をつなぐ大切な行為です。

セックスは、自尊心の基盤でもあります。
性的に満たされてない状態、性的な悩みや劣等感に打ちひしがれている状態では、自信と誇りを持つことができません。

人間に基本的に欲求であり、自尊心の基盤であり、生命を繋ぐ行為でもあるセックスですが、性欲、風俗、エロ、猥褻な行為などというイメージでとらえられたり、心身の健康への影響へも無視されてきました。

性生活相談室では、セックスは、人間関係を親密に保つ大切な行為と考えています。

セックスで感じない、セックスが嫌い、セックスしたくない、でも、本当は、女性の性的快感の深さを知りたいという女性は、ぜひ一度、僕の整体と性感マッサージを受けてみてください。

セックスで演技を続けていると、偶然にセックスが上手な男性と出会わない限り、心底からセックスって気持ち良くて最高!と思えるような体験をすることはないでしょう。

性欲と快感を取り戻す

セックスで深く感じられない人の多くは、セックスのイメージがステロタイプ(固定的で常識的)で、個々人で違う性的嗜好を、自分のイメージとちょっと外れただけで「変態」などと言ったり感じていたりする人が多いようです。標準的に映画などのラブシーン通りにセックスすべきなどと思ってたら、真の快感は得られないでしょう。

体調不良や病気の症状改善のために薬が必要なケースは、もちろんあると思いますが、健康回復のベースは自己治癒力です。

薬に頼れば頼るほど、肝臓、腎臓など、化学物質の代謝に関わる臓器が疲れてきますし、体内に排泄しきれない薬の成分が蓄積することもあります。

自己治癒力を高めるために大切なことは、質の良い睡眠と食事と適度な運動、良好な人間関係や仕事、そしてやりたいことがあることだと考えてます。

整体などで、体の歪みと不調が解消することで、性感がアップすることは確かです。体の調子が良くなければ、性感も性欲も異性を求める気力も出ません。

今まで通りのセックスや性感マッサージなどを受けても、最初からオーガズムは難しいと思います。しかし、前戯の時間を増やして、女性がどこが感じるか?どう愛撫して欲しいかをパートナーに伝えることで感じるようになったり、性感マッサージなどで体が楽になり気持ちよくなり、性的にも快感を得られることは確かです。