中高年世代(熟年)の性

40代に入ると、多くの男性は、性欲の減退と性的機能(勃起力)の減退を感じることが多くなってきます。
50代では、さらにそれが顕著になり、60代にさしかかる頃には、あまり勃起しなくなった。性欲をあまり感じなくなったという男性も少なくないようです。

女性の場合は、40代の性欲は旺盛なことが多いようですが、それをちゃんと受け止めて満たしてもらえる相手(夫、恋人、セックスパートナー)がいないと、自身の性欲を抑圧して、グルメ、ショッピング、趣味、子育てなど、他のことで性欲(性的エネルギー)を昇華する人も多いようです。

特に女性の場合、性欲を抑圧してると食欲が増します。 自覚がなくても、セックスを避ける、もう年だからセックスなんてするのは恥ずかしいことだと思ってると、抑圧された性エネルギ-が、食欲を満たすことで発散するようになります。

セックスレス状態の夫婦が仲が良いことは少ないようです。ちゃんとセックスして夫婦仲を円満にすれば、ストレスを食べることで解消する必要もなくなります。ダイエット効果も期待できます。

完全に夫婦ではセックスしない関係になっている方は、できればお互いに合意の上で、他にセックスのパートナーを得ることも必要だと思います。

愛情と性欲は別なこともあると理解する

多くの人、特に若い女性は、性欲と愛情(恋愛)は完全に一致する、すべきだと思っているようです。

でも、自分の欲求を客観視できる人なら、性欲と愛情は別にも存在することが体感的に理解してます。

一緒なら理想ですが、愛とまで呼べなくても、好ましく思える相手となら、自分の性的欲求を満たすのは自然なことで、悪いことではないと思います。

夫や妻にセックスを拒否されてる夫婦は、日本には少なからずいますが、愛や情と性欲を満たすことは別と理解してれば、家庭内でできないことを外でするのは当然と了解できるので、お互いに苦しむことがないと思います。

残業続きで夫婦仲が冷え、妻が情緒不安定になったら

共働きが普通になった現代の夫婦では、夫だけでなく妻も仕事と家事、育児で手一杯のことが少なくありません。忙しくて二人きりで親密になる時間が持てなくなった結果、妻が精神的に不安定になり、うつ状態になるケースの場合もあるようです。

解決法としては、まずは、夫婦で悩みや心配事を話合う時間を持つことですが、妻と複雑な話はしたくないと思っている夫は少なくないようです。

そんな場合でも、夫婦間のスキンシップ(キス、ボディタッチ、セックス)を増やすことも効果的です。スキンシップでオキシトシンが活性化され、夫婦の絆を強めることにつながります。

セックスは脳でするもの

繁殖可能な年齢を過ぎても(熟年になっても、閉経しても)人の性欲は続きます。性の活動のしかた、ありかたが、年齢とともに変化するだけです。性的関心を持ち続けることは、脳を活性化することにつながります。定期的にセックスしてれば、おそらく認知症にはならないでしょう。少なくともリスクは大幅に下がるはずです。性的刺激で脳が活性化し、それが人生に充実感を与えてくれるのです。

過去の性的経験や想像力が、性的欲求を高めます。勃起力や女性なら性器が濡れるなどの性的能力が年齢と共に衰えても、脳、大脳新皮質を使っている人、知的、創造的な仕事をしている人(趣味でもいい)は、年取っても性欲が強く、快感を貪欲に求める人が多いようです。人のセックスは脳でするものだからだです。

◎メールでのお問合せは… yukacocha@yahoo.co.jp
(携帯メールの場合は、パソコンからのメールも受信できるよう設定して下さい)