障害者の性

障害者にも性欲があり、セックスを望んでいることを、健常者も理解することは大切です。

性は基本的人権であり、嫌らしいことでも、汚らわしいことでもありません。性欲を持つことは子孫繁栄のためだけでなく、人と人、特に異性との意思の疎通、感情や情緒の交流のために大切な営みです。そのことに障害者と健常者の違いはないはずです。

障害者のセックスでの問題はいくつかありますが、一番の問題は、相手を見つけることが難しいということです。特に介助が必要な障害者の場合、一人きりになれる時間が限られますし、必然的に異性(セックスのパートナー)と知り合う機会も非常に限られます。

健常者の場合、パートナーが見つけられない人でも、ソープランドなど風俗店を利用すれば、性欲の解消やセックスをすることもできますが、障害者の利用を受け入れてくれる風俗店は限られるので、よけい、パートナーを得ることが困難になっています。

第二の問題としては、身体障害者の場合、できる体位が限られるということです。下半身に障害がある場合、特に女性の場合は、開脚すること自体に苦痛が伴うこともあるようです。

第三の問題としては、上記の全てに関係してきますが、障害者が性的満足を求めること自体に否定的な人が少なくないことです。

健常者でも、パートナーがいない人は沢山いるのだから、ましてや障害者が満足のいくセックスを求めるなんて贅沢だとか、何かできないことがあるから障害者なので、セックスもそのうちに入ると潜在的に思っている人は意外に多いようです。

性欲を満足させることは、食欲、睡眠欲と同じレベルで重要だと考えています。その意味では、セックスができることは、基本的人権とも言えます。

障害者をセックスの例外にしてはいけないと思います。そのために必要な第一歩は、性についての偏見や見下した価値観を捨てることと、セックスは基本的人権の一つで、誰も性的満足を追求する権利があると認識を改めることだと思います。(もちろん、相手の心身を傷つけたり、相手の意思や人格を否定してまで自己の性的欲求を満足させることは、してはならないことは言うまでもありません)

◎メールでのお問合せは… yukacocha@yahoo.co.jp
(携帯メールの場合は、パソコンからのメールも受信できるよう設定して下さい)