高齢者の性

個人差はありますが、60以上、中には90代になっても、性欲がある人はいます。異性を求める心に年齢制限はないということです。性は生きる原動力でもあります。

高齢者の健康維持や病気予防にもセックスは有効です。心臓病、男性の前立腺肥大、女性の子宮内膜症などのリスクを減らす効果があるといわれています。

65~69歳男性の18%が月2~3回性交

高齢者と呼ばれ始める65~69歳男性のうち、週2回以上性交をする人は2%でした。(日本性科学会・セクシュアリティ研究会が、配偶者のいる40~70代の男女1000人を対象に、1999年10月~2000年3月に行った調査)

[男性]
週1回=7%
月2~3回=18%
月1回=12%
年数回=27%
この1年なし=35%  

[女性]
週2回以上=0%
週1回=8%
月2~3回=20%
月1回=8%
年数回=23%
この1年なし=43%  

75~79歳でも、男性の11%、女性の17%が「月2~3回性交する」と回答という結果でした。
意外にしている人が多いという印象ではないでしょうか?

人のセックスは、年齢的なはじめはありますが、個人差は大きいものの、この年齢で終わるというお終いはないようです。

しかしながら、高齢者のセックスは、例外的なことと見なされ、性欲は加齢とともに衰える、という正しいとは言えない認識が一般的です。

その結果、超高齢社会を迎えているにも関わらず、高齢者の自由な恋愛や性行為を蔑んだり、呆れたりするなど、高齢者のセックスを否定的に捉える風潮が根強いのが日本の現状といえるでしょう。

年齢に関わらず、パートナーとセックスを楽しんだり、スキンシップを通じて精神的なつながりを確認したりするのは素晴らしいことです。

セックスで認知症予防

認知症予防にセックスが貢献!研究結果からも、セックスは脳の中で記憶と学習をつかさどる「海馬」の細胞の成長を促すという結果が発表されてる。性の健康の専門家のイギリスのゴーシュ教授はセックスは脳の血流を増加させるため、「日頃からセックスをしている高齢者は認知症になりにくい」と主張。

アメリカのプリンストン大学のラットによる研究では、その推測が実証されている。ラットを2週間毎日セックスするグループと、2週間に1回とセックスを制限したグループに分ける。すると毎日セックスしたグループのラットは神経細胞がより成長し、ストレスホルモンの値も低いという結果が出た。

イタリアのバヴィア大学の調査では「最近恋愛を始めた人」「長く恋愛を継続させている人」「恋人のいない人」の3つのグループに分けてその血液を採取し、血液を比較したところ、「最近恋愛を始めた人」のグループが脳の神経成長のレベルが一番高いことが分かった。

「最近恋愛を始めたグループ」と他の2グループとの違いを考えた場合、他のグループよりセックスの頻度が高いことが原因ではないかと推測される。

セックスは健康に良く、脳の血流も増やすので、認知症予防にもつながると言える。定期的なセックスで、脳は活性化されるといえる。

◎メールでのお問合せは… yukacocha@yahoo.co.jp
(携帯メールの場合は、パソコンからのメールも受信できるよう設定して下さい)