オーガズムの様子

40代半ばの女性に整体と性感マッサージを施したときのことです。

看護師をしてる彼女は、離婚して10年以上経ったとのことでした。二人娘さんがいて、成人式を迎える時期だそうです。既婚者との5年以上の付き合いはありましたが、不倫関係なので、結婚には至らず、いろいろあって2年ほど前に別れたそうです。

セックスでは感じるしイクこともあるようですが、体調が良くないせいか、以前ほど性感が高まらず、クリトリスを自分でいぢるとイケるのですが、性行為、特に挿入時に膣ではイケなくなったと相談されました。

慢性的に首、腰が痛み、夜間の脚の違和感(ムズムズ感)があり、熟睡できず、夜中に何度か眼が醒めるそうです。

背中の緊張もハンパなかったので、最初に整体で骨盤、背骨の歪みを矯正し、筋肉の張りを取ってあげたら、かなり体が楽になった様子でした。脚も股関節と足首を調整し、筋肉のコリを取ったら、かなり楽になったとのことでした。

次に性感マッサージで髪の毛、顔、首、うなじ、肩、腕とソフトに擦り、わき腹、腰、お尻、太ももと撫でているうちに、甘い吐息が漏れてきました。

クンニリングスをはじめた頃には、女性器はトロトロで、膣口から会陰部、肛門まで、愛液が滴り落ちていました。声がしだいに大きくなり、「なかに頂戴。入れて」と嘆願されたので、挿入に至りました。

彼女の感じ方、とくにオーガズムに達するときの様子はかなり個性的でした。「あぁ、溢れる、溢れてる、恥ずかしい」「イキソウなのよ。落ちる、落ちる、あぁー落ちてしまう。抱いて、抱いて、しっかり抱いて、抱きとめていて」と大きな声で叫び出し、抱いてあげると、しがみついてきて、一瞬震えたと思ったら「あっー。落ちる、落ちるわ。イクイクイクー」と叫びながら果てました。

イッた後もしばらく抱いてあげてから、体を離すと、お尻の下のシーツがおねしょしたかのように、ぐっしょりと濡れていました。

大抵の女性は潮を吹くときや感じすぎて失禁したときは、尿道口から液体を漏らしたり、吹き上げたりしますが、彼女の場合は、下腹部に生暖かい潮が吹かれた感触が無かったのに、これほど濡れてたので、おそらく膣口から大量に愛液が漏れ出したのだと思います。

不倫関係の彼氏と別れてからは、あまり満足できるセックスをしてなかったせいか、ストレス発散の方法がお酒で、週に2~3回は酔って記憶が飛ぶほど飲んでたようです。

体調が良くなって、セックスも以前のように中で感じてイケるようになれば、お酒の量も減って、心身ともに健康になれると思うと伝えました。

彼女とは4回ほどセックスセラピーをしましたが、最初に会ったときから次第に表情に険しさが無くなり、動作も軽やかになってきたので、良かったと思ってます。

性感開発の施術をご希望の方は、こちらから…ご相談・施術

◎メールでのお問合せは… yukacocha@yahoo.co.jp

(携帯メールの場合は、パソコンからのメールも受信できるよう設定して下さい)

コメント

  • 以前 施術をしていただいたものです。

    以前 お邪魔して 腰痛が 良くなったて嬉しかったです。不感症の施術お願いしたものです。このところまた 腰が痛くなったので みていいただきたいのですが


  • Re: 以前 施術をしていただいたものです。

    >>1
    コメントありがとうございます。また施術をさせてください。お待ちしてます。



認証コード3698

コメントは管理者の承認後に表示されます。