50歳の初体験

50歳で処女という方の施術をしたことがあります。

男性嫌いというわけではないようですが、お父様の介護や家の事情と、女子高、短大と女性ばかりの環境で育ったせいか、男性と話すだけで緊張するとかで、肉体関係を伴った男性との交際経験は無いとのことでした。

49歳のとき、意を決して女性向け風俗の性感マッサージで初体験をしようとしたのですが、20代の男性マッサージ師から、「これで感じないのなら不感症じゃないの?!」と言われ、かなり傷ついたようです。

その男性に頼んで挿入だけでもとしてもらったのですが、無理に挿入されたせいか、ちょっとペニスが割れ目に押し入った段階で入り口付近の痛みが強く、止めてもらったそうです。

僕への依頼の一つは、性的に感じさせて欲しいということと、できれば挿入した欲しい、初体験をしたいということでした。

緊張のせいもあり、また、男性に全く慣れてないせいもあってか、体が硬く、力が抜けずリラックスできませんでしたが、髪の毛から頬、首筋、肩、背中、腰、臀部とソフトタッチで愛撫していくうちに、少し体の緊張が抜けリラックスしてきた様子が感じられました。

股間は飛ばし、足先、ふくらはぎ、大腿部と愛撫を続け、両脚を少し開いて股間を見ると、割れ目が少し開いた部分が光って見えました。

割れ目の周りの大陰唇の部分をやさしく撫で始めると、ようやく「あっ」という快感に耐えているような吐息が漏れ始めました。

割れ目を開いてクリトリスを触るか触らないか程度に触れると、「あっ、あっ~」と声のトーンが高くなりました。

滴り落ちるほどには濡れてなかったので、愛液が足りないときに使うローションを陰唇に塗って、そーっと膣内に人差し指を挿入していくと、第二関節の手前くらいで膣内の抵抗を感じる部分に当たりました。完全ではありませんが、処女膜が少し残っているようでした。

ペニスにもローションを塗ってから、陰唇をペニスで撫でると、気持ち良さそうな様子だったので、少しづつ挿入していきました。「痛くないですか?」と何回も聞きながら時間をかけて少しづつ奥に挿入していきました。

僕はペニスが大きいので、これ以上奥まで入れると痛むというところまで挿入したら、少し腰を前後に動かしましたが、動くと少し痛むとのことで、「これで十分ですか?」とうかがうと、もういいとのことで施術を終えました。

完全な挿入とまでは言えないと思いましたが、彼女は満足したようで、何度も「ありがとうございました」「いい思い出ができました」と言われました。

コメント


認証コード1639

コメントは管理者の承認後に表示されます。