側弯症の女性の施術

40代前半の女性の施術例です。
一度結婚してた方ですが、今は独身の方です。

再独身になってから、何人かの男性とお付き合いしたそうですが、
側弯症で背中が痛むせいか、セックスがあまり気持ち良くなかったそうです。

セックスでの満足感は、快感というより、お相手の方への愛情と一体感にあったそうです。

施術では、まず背中の痛みと張りを取って欲しいとのことだったので、整体で背骨と骨盤の調整をしました。

それで、背中と腰がだいぶ軽く楽になったとのことで、次に性感マッサージに移りました。

セックスではそれほど気持ちよくなれなかったとのことでしたが、ソフトタッチで髪の毛からうなじ、首筋、背中、腰、お尻と撫でるように愛撫していくにつれ「ハァー、ハァー、ハァ~」というため息のような喘ぎ声が漏れ始めました。

背部を性感マッサージに愛撫するときに、四つん這いの恰好でお尻と性器を愛撫するのですが、後背位は背中が辛いとのことで省き、仰向けになっていただきました。

仰向けでは下腹部、お腹、胸を愛撫したら喘ぎ声が「アハァー、アゥ~アッアッアアァ~」という感じで高まってきたのがわかりました。

片脚の膝を曲げて股間を開いてもらうと、性器が濡れて光り、ヒクヒク動いてるのが見えて興奮しました。

性器に指を這わせるとローションを塗ったように濡れてて、クリトリスに軽く触れると、喘ぎ声が一段と高くなりかなり感じてるのがわかりました。

膣口を指先で軽く愛撫してから、膣内に指を挿入すると、中も濡れ濡れでスルッという感じで指が入ってしまいました。

さらに指を奥に進め指の根本まで膣前庭に着くようにすると、「アッ!アゥーアヮー」という感じの喘ぎ声が一段と高く部屋に響きました。

膣の奥が感じるようなので、聞いてみると「奥がいい!奥がいいの!感じるの!もっと奥まで入れて!」と言われたので、少し下がってきて指先に触れるようになっていた子宮口を優しく撫で、子宮口の穴に指先を当ててつつくようにすると、「アウー、アッアッアッ、アァー」と喘いでオーガズムに達しました。

「お願い、中に入れてください」
と言われたので、コンドームを着けてゆっくり挿入すると、「ウッウーン、ウーッ、アアァー!」というような大きな声で喘がれました。

ペニスだと指より膣の奥に強く圧をかけられるので、さらに興奮され、「もっと奥、もっと奥に入れて!」と言われ、子宮口にペニスの先を押し付けるようにピストンすると「イクッ、イクッ、イクーッ!]と叫んでオーガズムに達しました。

休んでるときに「もっと奥を突いて欲しいの」と言われたので、側臥位で挿入しました。側臥位だと膣に深く挿入でき、子宮口まで楽にペニスが楽に届くからです。

側臥位で脚を抱えるようにして腰を彼女の性器に押し付けるようにピストンしていると「イキそう、イキそう、イキそうなの。もっと突いて、もっと!奥まで突いて!」と言われたので、お互いの下腹部を密着させるように押し付けるようにピストンすると、「イクーッ!イクーッ、イックーッ!」とオーガズムに達しましたが、さらに続けて突いていると「イッてる、イッてる、またイッてるのー!」と連続してイキ続けられました。

終わった後で、お尻の辺りのシーツを見ると、びっしょり濡れてました。ピストンの最中に下腹部に何かがかかるような感じがありましたが、潮を噴かれたようです。

「エッチがこんなに気持ちいいとは知りませんでした。今までしたエッチの中で一番気持ちよかった。また、よかったらしてくださいね」
と言われて、とてもうれしい気持ちでした。

    コメント


    認証コード2083

    コメントは管理者の承認後に表示されます。